皆で広げよう脱毛の輪

ゴルフの醍醐味であり難関であり

ゴルフといえば思い切りが良く派手な第一ショットや、いかにグリーンに寄せられるかといったショットが好きだという方が多くみられますが、個人的にはゴルフといえばやはりパターに注目してほしいところです。
パターというのは、グリーンにボールを乗せた後の最後のショットのことで、そこで何回で入れられるかによって成績が全く変わってきます。
その為には、それぞれの役割を持っている、ゴルフクラブが必要になります。
クラブのセッティングがとても大切ですね。
一見すると、とても地味に見えるパターなのですが、実はこれが一番頭を使っている部分であって、まずはグリーンの芝の状態を読まなければならないのです。
これを読むことによって、ボールがどういった挙動をするかということを予測し、実際に入れるまでのイメージを掴みます。
さらには風の状況も読み必要があり、グリーンはボールが浮かないから風の影響なんて受けないと思うかもしれませんが、そんなことは全くなくて、しっかりと風を呼んで打たなければなりません。
このようにパターは決して地味なものではなく、選手の頭の中ではいろいろな分析がおこなわれているのです。